建築用窓ガラスフィルムとは

​建築用窓ガラスフィルムとは、窓ガラスに薄いフィルムを1枚貼る事により、飛散防止効果・紫外線カット効果・遮熱断熱効果・日照調整効果・プライバシー保護などの日常生活において多くの効果を生み出せます。

・飛散防止フィルム

万が一の災害や近年の大型化する台風の時、割れたガラスの破片は危険です。

破片を踏んだり、割れたガラスが直撃したりするとケガをしたり、室内の家具を破損させたりします。

また、お子さんが遊んでいる最中にガラスに激突して割ってしまう事故も発生しています。

このようなリスクを軽減することにより、安心安全な住環境を作ることが出来ます。

・目隠しフィルム

目隠しフィルムを貼る事により、プライバシー保護が簡単にできます。

美容室や医院、コインランドリー、道路沿いの学習塾などに多く採用されています。

・遮熱断熱フィルム

夏の暑い時期は、日光を反射する遮熱効果、冬の寒い時期は暖房器具から発せられる赤外線を室内側に反射し、室内の熱を逃げにくくする効果があります。

空調機器の機能をサポートすることで、省エネにも効果を発揮します。

・防犯フィルム

泥棒が入りやすくなるのは、暗くなるのが早まる秋から冬の時期と言われています。

防犯フィルムを貼る事により、ガラスを破って侵入するまでの「時間かせぎ」をすることが出来ます。

侵入犯は、カギを開錠するまでに五分以上かかると諦めると言われています。

​侵入による犯罪を減少させる防犯フィルムは、効果的な防犯対策です。

泥棒 窓ガラス1.jpg